セレモアホールディングス イベント情報 会員様だけに期間限定のお得な情報を配信中!!ファミリーライフクラブ会員専用サイト

総織部刻紋壺
江戸時代から続く技術

江戸時代では尾張徳川家御用窯であり、英時代から続く
伝統的な技法を駆使して造られた特別な一品です。

茶人「吉田織部」から生まれた技法

織部の特徴は深い緑色の釉薬と、あえて形を歪ませたり、
非対称につくったりと普通とは違った形の面白さを楽しめます。

深い緑色に包まれて

大自然に囲まれた森の深緑を思い出させるような落ちつきある緑色が
使うものに心からの安らぎを与えてくれます。

総織部刻紋壺

商品名

総織部刻紋壺(そうおりべこくもんつぼ)

窯元 赤津焼
作家名 加藤 唐三郎
価格 780,000円(税抜)
サイズ 7号 (24.5cm×25cm)

※大量生産ではなく、ひとつひとつ
丁寧にお造りしております。

お問合わせはこちら
セレモアの創作骨壺に関するお問合わせは専門のスタッフまで、お気軽にご相談ください。 インターネットからのお問合わせはこちら お電話でのお問合わせはこちら 0120-470-470